いびき、睡眠時無呼吸の検査を自宅でお試しください


トップページごあいさつ会社概要睡眠時無呼吸症候群とは?睡眠時無呼吸症候群のリスクSMRの在宅検査サービスとはSMRの在宅検査サービス費用

団体のお申し込みよくある質問お客様の声

お問い合わせ
 

周りから寝ているときに「大きないびきをかいている」とか「呼吸が止まっている」と言われたら要注意!
睡眠時無呼吸症候群(SAS)の疑いがあります。

睡眠時無呼吸症候群(SAS)は10秒以上の呼吸停止を一晩に30回以上、あるいは
睡眠1時間あたり5回以上繰り返す状態です。


睡眠時無呼吸症候群(SAS)を放置すると身体にさまざまな悪影響を及ぼします。
心臓病や脳卒中、高血圧、糖尿病などの生活習慣病を引き起こすとも言われています。
睡眠時無呼吸症候群(SAS)は老若男女、どの年代でもなり得る病気です。

【正常の場合】
※呼吸は空気がスムースに流れる。
  【睡眠時無呼吸症候群の場合】
※気道が塞がり呼吸が止まる。

睡眠中のことなので本人の自覚がなく、このことが睡眠時無呼吸症候群の発見が遅れる大きな原因になっています。
その他の症状には昼間の強い眠気や居眠り、熟眠感がない、肥満、疲労感、集中力の低下、
起床時の頭痛、勃起不全、夜間頻尿などがあります。

特に、睡眠時無呼吸症候群が原因の日中の強い眠気や集中力の欠如が重大な事故につながる可能性もあるため、年に一度は定期的に検査を受けることをお勧めします。
※運転や危険物取扱いに関わる仕事に従事している人などは特に注意が必要です。

スクリーニング検査後の流れとしては、
必要に応じて、専門病院で精密検査を受けることができます。(PSG検査)
・1泊2日の入院検査(PSG検査)の場合、費用はおよそ1万5千円(保険適用)程度かかります。
(各医療機関により異なります。)

・睡眠時無呼吸症候群には まず第一に生活習慣の改善が望まれます。

・病院での治療方法として
1)マウスピース
保険適用で作成可能→主にやせ型、いびき無呼吸の軽症者向け
マウスピースの例
※マウスピースの例

2)CPAP(シーパップ)
就眠時に鼻にマスクを装着し、口を閉じた状態で鼻から強い風を送り、気道を確保する装置です。
→主にいびき無呼吸の中等症から重症者向け

使用するには病院からのレンタルが必要になります。(保険適用:3割負担で約5,000円/月、
一カ月に一度の通院が必要です)

CPAPの装着例   CPAP型 例A   CPAP型 例B
CPAPの装着例   CPAP型 例A   CPAP型 例B


3)外科的療法があります。
トップページごあいさつ会社概要睡眠時無呼吸症候群とは?睡眠時無呼吸症候群のリスク
SMRの在宅検査サービスとはSMRの在宅検査サービス費用団体のお申し込み個人のお申し込み
よくある質問お客様の声お問い合わせ